地球を愛する皆様へ、2014年の地球創生活動の進捗状況をお伝えします。




現在、関西で重点的に行っている神事は、これまで世の中に出る事が無かった「神を運んだ巫女たち」の思いを紐解くための重要な神事を奈良県の「三輪山周辺」で行っています。



神巫女たちの大切なメッセージを公開する理由は、命を産み出し育てる役目を持つ女性達の魂記憶に大きく連動している隠された思いだからこそ、神巫女達の思いの封印を解くことで、女性達の魂の奥底に眠る過去の思いを愛に変えることができるからです。


数千年前、卑弥呼や倭姫命や鏡族と呼ばれた女性達が、どんな思いで日本まで神を運んできたのか、その全貌を歴史の資料で見ることは決して出来ない理由は、常に、思想や信仰や歴史を管理してきたのが男達だからでした。


本来、女系管理体制であった文明が、6000年以上前から男性たちによる管理統制に代わり、様々な目的を持った男達が組み上げてきた神仕組みによって「信じる」という概念が確立されてきましたが、信じる力が急速に衰えた現代の日本人にとって、神という存在に対する「畏敬の念」を持たない人や神仏そのものを自分たちの都合の良いように扱う人たちが増えたことによって、目に見えない世界に対する畏敬の念がが衰えています。


この世の中でもっとも重要なことは、神仏という目に見えない存在に対する視点から自らの愚かさを学び、互いを助け合い尊重し合う人間としての大切な学びを子供達や次の世代へ伝え残す責任が大人達にはあります。



子供がいない人たちでも、結婚していない人でも、親から頂いた命の重要性を子々孫々、伝え残す事の意味は生かされている人間全ての責任だと思いますし、大切な「日本人としての魂の伝承」ができなくなっている現状だからこそ、重要な土地の歴史の真実を紐解くことで、先人たちが大切にしてきた思いを皆様へ伝える必要を感じています。



世界中の歴史は常に、男達の争いによって勝者が管理し隠し続けてきた歴史だからこそ、日本人としての国家思想や民族思想の根幹に眠る真実を解き明かす為に、10年以上の歳月をかけて男神たちに筋を通す神事をした結果、やっと、日本へ神を運んだ女性達の思いを表に出して良い許可がおりたからこそ、出来ている神事なのです。



地球を愛する皆様は、永遠に地球や人類が続く事を望まれている皆様だからこそお伝えしますが、日本人として産まれた私たちは世界のどの国の人よりも古い魂を持つ民族だからこそ、自分の思いも民族としての過去の思いも全てを愛に変えることによって、世界の調和をこの日本から、そして、あなた自身から発信するために産まれてきたことに、どうぞ気付いて下さい。



隠され続けた封印を解き放つ事で信じてきたことが壊れる部分もあるでしょうが、「全ての葛藤さえ必ず愛に変える!」と決めているからこそ、重い呪縛を解き放つことによって、「本当の愛の創造」は始まるのです。



日本全体へ愛を発信する為に産まれた愛知県の仲間たちは、二つの「白龍の神知らせ」によって自然神と宇宙神の繋がりを復活する神事が成功しましたし、白龍が上がった石巻山の頂上祈りでは、奈良県の三輪山の奥宮と大昔に山の神を繋いだ女性達がいた事実や大切な思いを表に出すことができました。





日本の東に位置する場所に生まれ住んでる関東の仲間達は、世界へ向けて愛のエネルギーを放つ土地役目がありますので、関東全域を守る母神の神社である「総社つなぎ祈り」をすすめていますが、3月末現在、関東圏の八国あるうちの四つ国の総社つなぎが完了しています。


こういうひとつひとつの行動によって土地の呪縛が外れ、魂が目覚める方達が増えますのでこれまでのように過去の思いを掴んだまま生きるのではなく、まったく新しい愛の創造を自分から始めることによって、日本国家や地球国家を愛で包み込むような生き方をなさって下さい。



無限なる歓びの創造と無限なる愛の創造は、あなたの意思によって産まれますので、どうぞ、「自らを愛と歓びに生きる」と宣言し、神々や先人のお力を借りながらこの現実を愛へ転換して下さい。



産まれた土地を愛し、両親を愛し、住んでいる土地を愛し、日本を愛することで、地球を愛する皆様と共に、明るい未来を創造していきましょう!!



2014.3.28 地球創生 代表 吉岡学